血液とリンパ液の違いについて

みなさん、こんにちは。

最近日差しは暖かいですが風が冷たく、まだまだ寒い日が続き油断できませんので体調管理にお気をつけください。

さて本日は、リンパ液と血液の違いについて書いていきます。

そもそも、リンパってなんだろう?と思われた方は以前の記事の「リンパとは。。?」を参照ください。

血液もリンパ液も最終目的地は心臓です。

血液は心臓から動脈を通って毛細血管まで行くと今度は静脈をとおって心臓まで戻ります。そしてこの動きをずっと繰り返し循環しています。

一方リンパ液は心臓へ向かって一方的に流れていきます。

心臓は血液だけにポンプ機能を提供しています。

一方リンパ液は自力で流れるしかないため自発的に少しずつ、血液から流れてくる栄養素を戻したり老廃物を血管に入れないようにして血液をサポートしながら流れています。

リンパ液はとても重要な役割をしているのですね。

しかし、その流れは非常に遅く、老廃物を運ぶにはとても追いつきません。

長時間同じ姿勢をしていると足がむくむといった状態になります。

そんな一人で頑張っているリンパ液を助けてあげるにはストレッチリンパマッサージが有効です。

リンパ液の流れが良くなると、老廃物は除去され、タンパク質などの必要な栄養素は血液中をいきわたるようになります。

さぁ、今すぐリンパ液を労わってあげたくなった、あなた!!

スタッフがあなたにあった、むくみ解消方やストレッチをご伝授いたします。

詳しくはLAVITAまで^^

*************************************************************

「今日の佐々木常夫先生の一言」

 難解なドラッカー本の解説