飲む点滴【甘酒】

皆様こんにちは(^^♪

最近暑い日が続いておりますが、食欲が落ちてしまったり、体調がすぐれない方も多いのではないでしょうか?

ということで、少し前から話題になっている
「飲む点滴」とも言われている「甘酒」についてお話しさせて頂きます(^^♪

まず、甘酒とは2つあります。

◆酒の粕に砂糖を加えたもの

◆麹を糖化(とうか→デンプン質を糖分に変化すること)させて作ったもの。

今回は「麹を糖化させたもの」についてお話しさせていただきます(^^)

~甘酒の化学的な栄養分析~

・ブドウ糖を含む(麹甘酒の2割はブドウ糖)

→すぐエネルギーとして使用できます。
しかも、多糖類に分類されるため、太りにくくエネルギーになりやすい。

・ビタミンB群が豊富

糖質、脂質、蛋白質の代謝に必要なのがビタミンB群。

麹は、ビタミンB1、B2、B6,B12、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどを作り、そのまま甘酒の成分となる。
→つまり、市販のビタミンB補強サプリより 手軽で、おいしく摂取できるということです。

・アミノ酸が豊富
人間の身体は約20種類のアミノ酸の構成。
そのうち9種類は食事からとるべき『必須アミノ酸』
甘酒は9種類の必須アミノ酸を網羅して、他のアミノ酸も摂取できる。

このように、甘酒の成分は
ものすごいですね!

昔の方が夏に甘酒を飲んだのも
理解できます♪

皆様も夏に負けない身体作りの為にも、食生活に甘酒を取り入れてみて下さい♪