七草粥(*^_^*)

お正月も終わり食べ過ぎて胃と腸は悲鳴をあげていませんでしょうか?(:_;)
今日は七草粥についてお話しようと思います\(^o^)/
疲れ切った胃と腸をいたわってあげてくださいね♪

七草粥とは、正月七日に無病息災を祈って、春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を入れて炊いた粥のことです。

七草粥の風習は中国伝来のもので、平安中期頃に始まったとされています。
中国では「六日年越・七日正月」といわれ、七日がひとつの節目とされていたそうです。
この七日は人を占う日「人日」といい、七種の菜を暖かい汁物にして食し邪気を避ける習慣がありました。
日本では十五日の「小豆粥(あずきがゆ)」の影響により、室町時代以降に汁物から粥へと変わったそうです。
小豆粥には「米」「粟」「麦」「稗(ひえ)」「黍 (きび)」「小豆」「胡麻」などが入れられ、「七種粥」と表記するのも小豆粥の影響と考えられているようです。

身体が喜ぶことをし身体の中からキレイになりましょう(*^_^*)