オンライン予約 公式LINE

オーナー紹介

オーナー紹介

オーナー兼エステティシャン

佐々木美邦子
佐々木美邦子

幼い頃より、病弱な母と障害をもつ兄という家庭環境の中で、自然と人に奉仕する仕事に憧れる。看護学校に進んだ後、『美容』と『癒し』への興味により、大手エステティックサロンに入社。
その後、様々な大手サロンから個人サロンまで責任者・教育担当に携わる。自分自身のうつ病体験や家族の介護を通して感じた健康予防の大切さ。
また癒しが心と体に与える効果の大きさを実感。ストレスを抱える多くの人をサポートしていきたいと強く願うようになる。エステ業界20年以上の実績から、女性の生涯に着目したそれぞれの年代に必要な健康と美の繋がりをトータルサポートするライフビューティーを考案。
また、ワークライフバランスを実践する企業を目指し、女性の働きやすい環境作りに取り組んでいる。

資格
  • AEA上級認定エステティシャン
  • JAA 日本アロマコーディネーター
  • NPO法人 国際セラピスト協会認定 マタニティケアアドバイザー
  • 世界基準トリートメント BMSトリートメントセラピー 修得
  • 一般社団法人 日本シニア検定
History
2008年2月 中目黒にてプライベートサロンLA VITA 開業
2012年3月 2号店 LA VITA六本木店オープン
2013年6月 レンタルドレス CENERENTOLAオープン
2016年1月 ライフビューティーサロン LA VITA神宮前 移転リニューアルオープン
2019年6月 広尾にて 移転リニューアルオープン
ご挨拶

こんにちは、ライフビューティーサロンLAVITA(ラヴィータ)オーナーの佐々木美邦子です。
開業して14年、エステ業界に身をおいて26年になります。

実は、私は最初エステティシャンではなく看護師を目指していました。
子どもの頃から、母は闘病生活を送り、3人兄妹の長男である兄は障がいを持っていたので、自然と看護の道を選んでいました。
看護学生の時、私はひどいニキビで悩んでいました。
その時に初めてエステに通ってキレイになったんです。
ニキビの原因の1つに精神的な影響もありました。
ニキビは良くなったけど、月日が経つにつれて、どんどん自分を追い詰めるようになり、うつ病と診断されるまでになり、最終的には、看護学校を中退することになりました。
その後、通院を重ねながら、ゆっくりと回復していき、ようやく自分の将来について考え直す気力を取り戻した時、ふとエステに通った時のことを思い出したのです。
人に見られたくないほどに醜かった自分のニキビ肌の顔がどんどんキレイになっていくあの感動
今度は自分がたくさんの人をキレイにしてあげたい、そんな思いが大きくなってエステ業界に進むことを決めました。
毎日、知識技術習得のために必死に勉強をしました。
そして、キレイになっていくお客様をみると、自分がキレイになった時以上に感動しました。
「佐々木さんに出会えて本当に良かった」
初めて言われたときは、お客様の目の前で号泣したのを覚えています。

看護師を諦めた自分だったけど、看護師を目指したからこそ、エステの道に進むことができた、「病気にならない心とからだ作り」をする仕事を一生やっていきたいと思ったのです。
そうして、エステの会社に12年間勤めてきたわけですが。
内情は必ずしもお客様ファーストではありませんでした。
例えば、1人のスタッフに対して、同時に2~3人のお客様を施術することはあたりまえ、スタッフ同士の技術の差があってはいけないので、手技や手順はマニュアル化・・・
お客様ファーストと結果重視のサロン、流れ作業ではなく、ひとりひとりにじっくり丁寧な施術接客がしたい
一人のお客様が長く、そしてファミリーでお世話したい

そんな想いで開業したのが、ライフビューティサロンLAVITAです。

そうして14年の月日が経ちました。
今もなお、開業した当初と変わらない想いで、日々サービスをご提供しています。
そしてその想いに共感するスタッフも集まりました。
LAVITAのスタッフは全員キャリアが長く、お客様の美容目標を叶えるために十分な知識技術を持ち合わせています。

過去7万人以上の様々な年代のお客様のお世話をして参りましたが、その中でも更年期世代のお客様が多くいらっしゃいます。
女性ホルモンが変化することで起こる体への負担は、想像以上につらいという声を毎日耳にします。

「40歳になる前まではすぐに痩せたのに」
「手足は太らないのにお腹と背中が厚くて、合う服がない」
「乾燥肌が敏感肌に変わってきてつらい」
今後の世界は「100億人が100歳」の時代が到来します。
50歳という節目はちょうど中間地点です。
女性は必ず訪れる更年期という時期を経験します。
この更年期に起こる体の変化を正しく知っておくことは、私自身経験しているからこそ、とても必要なことだと感じずにはいられません。
「更年期とたたかう」とネガティブに捉えるのではなくて、「新しい自分との出会い」と受け止めてみると、なんだかとっても素敵ですよね。
やみくもに老いに抗うのではなく、それぞれのからだと肌に合った最適なトリートメント提供する、それは、私たちLAVITAなら実現できます。

おかげさまでお客様からは
「老けた肌が白くて透明感が出てきて若くなった」
「スタッフの人が同世代だから、恥ずかしくないし、むしろ頼れる存在です」
「老けていく自分を見ないふりをしてきたけど、今では若々しくなったと言われて鏡を見るのが楽しみ」
とうれしい言葉をいただいています。

今まではあらゆる世代の女性のからだと肌に向き合ってきました。
しかし、今後の高齢社会を考えたとき、私のエステティシャンとしての原点である「健康であり続ける心とからだ作り」にもっともっとこだわっていきたいという想いが強くなりました。
人生の中間地点でホルモンの大変化を起こす40~50代の女性を必ず訪れる更年期の時期を笑顔で過ごせるように専門的にサポートしていきたい。
そして、その先の長い人生を「アクティブエイジング」な活動に繋げていってもらいたい。
(アクティブエイジング=(WHOが提唱する)身体的・精神的な健康、社会への参加、安全の確保のもとで活動できること)

「若い頃は・・・」という言葉よりも「今の自分が人生で一番好き」と言える透き通った女性を増やしていきたい。
そんな女性の笑顔を見られることが私たちの最高の喜びです。

ぜひ、ライフビューティサロンLAVITAでお待ちしております。