こんにちは(^-^)

皆様こんにちは☆
朝晩の温度差で風邪などひいていないでしょうか?

このところ、急激に冷え込む日が増えているように、例年10月も中頃に差しかかると気温も湿度も急降下します。気温や湿度が低下すると肌のうるおいが一気に奪われ、目もとや口もとの小じわも急に気になったり、キメの乱れが目立ったりと、乾燥トラブルが続発してしまいがち。
また、乾燥対策だけでは気温の低下に対応しきれないところも今の時期の由々しき問題。気温の低下によって、肌の代謝リズムが乱れてしまうと、肌がくすんだり、たるんでいるように感じることもあります。

■代謝リズムの変化に負けないポイント3つ

(1)風邪とくすみの両方を予防してくれるビタミンC&Eを積極的に
気温や湿度が急降下すると、気になるのは風邪やくすみ。どちらにも見舞われたくない時こそ積極的に摂りたいのがビタミンCとビタミンE。白血球の働きを強化し、免疫力を高めると同時に、メラニンの増加を防ぐ作用や活性酸素を除去する働きがあるビタミンCと、血流を良くする効果のあるビタミンEを摂ることで、身体の中からくすみの無い肌へと導きましょう。

(2)吸収力を高める食べ合わせを意識
代謝リズムを整えて、肌のバランスを崩さないためには食べものの組み合わせも重要。たとえば、前述のビタミンCとビタミンEの場合、ビタミンCと一緒に摂ることによって、ビタミンEの作用が高まります。鉄分もビタミンCと組み合わせることによって吸収率が高まりますので、顔色の悪さが気になる時は鉄分とビタミンCのセットでの摂取を心がけてみると良いかもしれません。

(3)お風呂をあがったら寝るまでは靴下を
夜の気温が一気に下がり、お風呂上がりにも寒さを感じる今日この頃。せっかくお風呂で温めた身体の熱が奪われてしまわないように、お風呂上がりは靴下をはいて冷えを防ぎましょう。身体の芯から温まった状態で就寝することで、代謝のリズムを崩さずキープすることができます。

それでも乾燥してしまったお肌には、是非LAVITAのフェイシャルでプルプルを取り戻して下さいね!!!
ただいま、大変お得なキャンペーンも行っております!!詳しくは是非ホームページをご覧下さいませ(^_-)-☆