“二重あご”の原因は?

太っていなくても太って見えてしまう“二重あご”
同じ身長・体重なのに、二重あごの人の方が太って見えます。
太っていないのに、『二重あご』なだけで太った印象になってしまうなんて、
とっても損ですし、残念ですよね。
“二重あご”の原因は?
肥満
健康的な域を大幅に越えて体重が増えてしまうと、当然あご周りにもお肉が付いてしまいます。
肥満で脂肪が付いてしまったことによる“二重あご”の状態です。
事実、二重あごはスリムな人よりも太っている人に多く見られますよね。
あごに脂肪が付いてしまった状態のままでいると、あごの“たるみ”や“むくみ”の原因にもなり、二重あごを余計に悪化させてしまいます。
あご周辺の筋力低下
あご周辺の筋肉の衰えも二重あごの原因のひとつ。
特に頤筋(おとがいきん)と呼ばれる、唇の下に位置する筋肉の筋力低下が、二重あごに大きく関わっています。
ハンバーガーやシチューにパンなど、柔らかい食材ばかりの食事に偏っていると、かむ回数が少なくなってしまいます。
良く噛まずに飲み込むように食事を摂っている方は、要注意です。
忙しい現代人の食生活では、食事で硬いもの噛む機会が減ってしまいがちですが、良く噛むことは、頤筋にとってとても大切な事なのです。
姿勢の悪さ
肩こりや腰痛などに悩んでいる方は、無意識のうちに首が前のめりの姿勢になりやすく、あご周辺の筋肉の動きを妨げてしまいます。
デスクワークでパソコンを長時間使用する方や、スマートフォンを頻繁に使用する方、猫背の方は注意が必要です。
また、顎関節(がくかんせつ)が歪んでいる方、歯の噛み合わせが悪い方、虫歯などにより左右の歯を均等に使わず食事をしている方は、それらが姿勢の悪さに結びつき、二重あごの原因となってしまうのです。
加齢による皮膚のたるみ
生活習慣き気を遣い、ダイエットで体形管理をしっかりしているという方でも、避けることが出来ない『加齢』。
年齢を重ねれば重ねるほど、皮膚や皮下組織、筋肉が衰えて伸びてしまうため、たるみを引き起こしてしまうのです。
また加齢とともに、皮膚を支える役目を担う“コラーゲン”が減少し、ピンと張っていた皮膚が弾力を失い、あごの皮膚がたるんでしまいます。
するとフェイスライン全体がたるみ、あご周りの筋肉や脂肪を支えきれず、二重あごになってしまいます。
むくみ
あご周辺にはリンパ・リンパ節が多く存在しています。
リンパは不要な老廃物や水分を運ぶ役目を持っています。
上に述べた、肥満・筋力の低下・姿勢の悪さ・加齢は、あご周りのリンパの流れを滞らせてしまう原因となり、老廃物や余分な水分を体外に排出することが出来ず、二重あごになってしまうのです。
写真の説明はありません。
♦お得なキャンペーン♦
【初回ご来店の方限定】
セルライトゼロ
●上半身スリムまたは下半身スリム45分
税込3300円(通常12100円)
●全身90分税込6000円
大人気のメニューがお得にご利用頂けます。
この機会にご利用下さい‼️

♦️当サロンではご予約数の調整など、3密の対策と除菌・消毒・換気、スタッフの体調管理を徹底しながら、粛々と営業させて頂いております。

LA VITAではダイエットや美容や健康に関する様々な商品を取扱っております。

商品は配送もしておりますので、気になる方はHPよりお問い合わせ下さいませ!

☆☆☆ホームケア・アイテムのご案内☆☆☆

●糖質・脂質をカットして食べ過ぎを防ぐ! ・・・ ブラックブラック(税込¥7,560)
●超濃縮生酵素で免疫力をアップ!! ・・・ 究極(美容成分配合)/健美(燃焼成分配合) プレミアム(各¥10,800)
●塗るだけ!超簡単ケアでセルライトを解消♪ ・・・ メソクリーム(税込¥11,000)
●長期ダイエットが苦手な方にオススメ!! ・・・ ファステンサポート(税込¥6,910)
●自宅でエステレベルの効果を☆ヒト幹細胞培養液 ・・・ リッジ スポット エッセンス(税込¥30,800)